痛風とは

■6年で10万本売れた痛風対策サプリメント■
↓ ↓ ↓

★100%オーガニック 田七人参サプリ★

y_dr_03 - 200px

痛風とは、血液中の尿酸が上昇し、主に足の親指の関節が突然激痛に襲われる病気です。

「風が吹くだけでも痛む」という病名でも分かるように、発作が起きたときには、安静にしていても激痛が続きます。初めて体験した方は、口をそろえて「今まで経験したことがない痛みだ」と言います。

現在、日本の患者数は50万人以上。予備軍は300万人以上と言われています。患者の9割以上は30代~50代男性。男性の方が女性よりも尿酸量が多いため、そもそも体質的に発症しやすいのです。

第二次世界大戦後、日本で多く見られるようになって来ました。食生活の欧米化はその原因のひとつと言われています。世界大戦以前は、魚や野菜など、低脂肪・低たんぱく・低カロリーで、「まさに和食!」という食事・メニューだったのが、世界大戦以降は、肉の量が増えて野菜の摂取量が減るなど、高脂肪・高たんぱく・高カロリーの食事になってきています。

この食生活が肥満などの生活習慣病につながり、体内の循環・老廃物排出機能を狂わせて、尿酸値が高まって発病に至ります。

もうひとつの原因としてはストレス。現代はストレス社会と言われます。ストレスにさらされていない人はいません。そのストレスも肥満につながります。ストレスからつながる暴飲暴食も原因のひとつです。

また、最近はより若い世代や女性にも発症する人が多くなってきています。若い世代にも増えてきている主な原因は、食の欧米化です。高油脂・高カロリーの食生活を続けることで尿酸値が上昇し、発症します。

女性は、食の欧米化に加えて、社会進出も原因のひとつです。社会にはストレスや外食など、発症の原因があふれています。元来、かかりにくい女性もダメージが重なって、発病に至る人が増えています。

国民的な病気になってきた痛風。対処法・治療法・予防法など参考になる情報をどんどんお届けします。
負けずにがんばっていきましょう!

 

■革新的で今までになかった痛風改善プログラム■

↓ ↓ ↓

痛風改善プログラム

★薬に頼らない痛風改善プログラム★

ブログランキングならblogram ブログランキング
  • SEOブログパーツ