ビール

ビールは酒類の中でも特にプリン体が多いです。そのため、ビールを飲み過ぎた後に痛風発作が起きることが多いです。ビールにプリン体が多い理由は、ビールの主原料の麦芽(ホップ)にあります。麦芽にはかなり多くのプリン体が含有されています。

では、ビール以外ならどんどん飲んでも大丈夫かとなると、それはまた別の話です。アルコールは代謝の際に、尿酸を生みます。つまりアルコールは尿酸の原料ということです。加えて、アルコールは尿酸の排出機能を低下させ、尿酸値の上昇を招きます。

さらに直接の原因ではないですが、アルコールはカロリーが高いです。そのため、カロリーの摂り過ぎで肥満につながります。肥満は尿酸値を上昇させる一因です。また、アルコールが入ることで、つい、味の濃い食事や油ものやおつまみを食べ過ぎてしまう人も多いです。こちらも肥満につながります。

肥満は痛風だけでなく、あらゆる病気の原因にもなりますから防いでいきましょう。

 

カテゴリー: 食事 | Tags: , , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://ibabe.info/beer.html/trackback

痛風の上へ
ブログランキングならblogram ブログランキング
  • SEOブログパーツ