外反母趾とは

外反母趾とは、足の親指の関節部分が内側に飛び出す病気です。ハイヒールなど、つま先が異常に狭い靴を履き続けることで発症します。特に立ち仕事でハイヒールを履く女性は、常につま先に過剰な負担がかかっています。結果として、ハイヒールで立ち仕事をする女性には外反母趾が多いです。

逆に、大きめの靴など足に合わない靴を履いている場合、歩くたびに靴の中で足がすべり、つま先に負担がかかることで発症するケースもあります。女性は筋力や関節が男性よりも弱いため、女性の患者が多いと考えられています。

外反母趾は、歩いたり靴を履いたりすると痛みを感じます。安静にしているときには痛みを感じることはほとんどありません。痛風の場合、安静にしていても激痛が続きますから、違いは明らかです。

外反母趾も安心できない病気です。ひどくなると首に影響が出て、甲状腺異常や自立神経失調症につながることもありますから、必ず病院で受信しましょう。

 

カテゴリー: 外反母趾 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://ibabe.info/gaihanboshi.html/trackback

痛風の上へ
ブログランキングならblogram ブログランキング
  • SEOブログパーツ