痛風の原因

痛風は「尿酸値が上がりすぎる」ことによって引き起こされます。

例えば、肥満・運動不足・食生活の欧米化・アルコールの過剰摂取。
こういったことが原因で尿酸値は上がります。

また、現代社会で増えてきている原因はストレスや過労です。

ストレスが溜まると、尿酸の排出が悪くなり、結果として尿酸値が上がります。
ストレス解消として、食べ過ぎてしまったり、飲み過ぎてしまうと、相乗効果で発症に近づいたり、発作が起きやすくなります。

通常、尿酸はどんどん排出されていきます。
しかし、様々な原因で排出がうまくできなくなると、体内に尿酸が溜まります。
結果として、血中の尿酸値が高くなり、痛風の第一段階・予備軍である「高尿酸血症」と診断されます。

そのまま治療したり、生活習慣を改めない場合、尿酸値が高いままとなります。
体内に余分に溜まった尿酸は、各関節、主に足の関節に流れ着きます。
関節に流れ着いた尿酸は、尿酸結晶(尿酸ナトリウム)という物質を作って、その関節に定着してしまいます。

この尿酸結晶(尿酸ナトリウム)は身体にとって異物です。
排除しようと、白血球が攻撃していきます。

白血球は攻撃のために、酵素や活性酸素やプロスタグランジンを放出します。
結果として、血流が激しくなり、あの独特な激痛となります。

これが痛風発作です。

 

カテゴリー: 原因 | Tags: , コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トラックバックURL: http://ibabe.info/tsuuhuunogenin.html/trackback

痛風の上へ
ブログランキングならblogram ブログランキング
  • SEOブログパーツ